メカニズムと正しい知識

視力を回復出来ることから、今レーシック手術が注目されていますね。

日本でレーシックが認められたのは、2000年になってからのことです。
今まで視力が低下した場合は、メガネやコンタクトレンズを使用するしか方法がありませんでした。

メガネはくもったり、度が合わなくなれば新しいものに買い換えなくてはいけません。
コンタクトレンズは一見便利そうですが手入れが大変なことと、
使い捨てのものを何度も使用して目に細菌が繁殖し炎症を起こすトラブルもあります。

その点レーシック手術なら、
角膜の一部分を削り屈折率を調整することができるので、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されます。

視力を矯正することができるため、現在もレーシックを希望する人があとをたちません。
しかしレーシック手術は自由診療になるため、健康保険が適用されません。
とても画期的な方法ですが、その分費用がかかります。

数年前に格安の費用でレーシック手術を受けられるというクリニックが大ブームになりましたが、
実際はきちんと衛生管理をしていなかったため、あとからトラブルも続出し問題となりました。
確かに格安価格で手術を受けられるのは魅力ですが、
角膜というデリケートな部分に触れるわけですから、手術を受ける場合には信頼できるところを選ぶことも大切です。

そのためにも、メカニズムと正しい知識を持っておきたいですね。
レーシック手術にはレーザーを使用します。
レーザーと聞いただけで、目にレーザーをあてるなんて大丈夫なの?
と不安に感じる人も多いのですが、角膜は一番外側になるので目の内部には触れません。
角膜の屈折力を調節し、ベストな状態に戻すというものです。

失明するのでは?と不安に思う人も多いのですが、
今までに日本国内でレーシック手術を受けたことが原因で失明したという報告はありません。

レーシック先進国と言われるアメリカでも、
手術で失明したという報告がなく、安全な方法として知られています。
より詳しい情報は、このレーシック失敗のサイトがおすすめです。
また、http://レーシック.cc/も、参考になるかと思います。
ページのトップへ戻る