失明しそうで怖いレーシック手術

レーシック手術には興味があるけど、
失明するのでは?というのが怖くて手術をためらってしまう人も多いと言います。

確かに目の手術をするわけですし、
ましてやレーザーを使用するとなれば、怖いと思ったり不安を感じるのも無理ありませんね。

目にホコリが入ったり、まつ毛が抜けて目に入っただけでも痛いのに、レーザーなんてとんでもない!
誰もが最初はこう考えてしまいがちです。
でも実際には手術が原因で失明をした人は、1人もいません。

手術の仕組みを簡単に説明すると、
角膜にレーザーをあてて削り屈折力を調節することができます。
視力が低下する原因は、屈折力が大きく関係しています。

レーシック手術では、レーザーを使い、
屈折力をその人にとって、一番ベストな状態に調節することができます。

手術前には多くの人が不安を感じますが、
術後は驚くくらい視界がクリアになるので、手術を受けてよかったと感じると言います。
ただしここで注意しておきたいのが、角膜は一度でも削ってしまうと二度と再生しません。

角膜には個人差があるので、やり方は全て同じというわけにはいきません。
微調整なども必要なのですが、最近は全てコンピューター制御されているレーザーを使用するので、
手動で行っていた時よりも精密度は格段にアップしています。
ただしここはレーザーを扱う医師の技量も関係してきます。

レーシック手術にもいくつか種類があります。
レーシックに使用するレーザーも日々進化しています。
どこで手術を受けるかによっても、今後の視力に大きく影響してきますので、
最新設備の整った、信頼できる医師のいるクリニックを選ぶことも大切です。

しかし初めての場合はどこに良い先生がいるのかがわかりませんね。
そういう場合は、レーシックに関する口コミや、クリニックの人気ランキングを参考にするのも良い方法です。
こちらのレーシック失敗.bizも参考になります。

知名度が高ければ良いとは限りませんが、評判がいいところを選んでおけばまずハズレはないでしょう。
レーシックの事前検査はしっかりと受けましょう。
ページのトップへ戻る