痛そうで怖いレーシック

レーシック手術を受ければ、視力が回復するのは今ではよく知られていることです。

視力が悪いと、メガネやコンタクトレンズを使用しますが、
どちらもよく見えるのはいいのですが、お手入れや扱い方など煩わしく感じてしまうことがあります。

裸眼で過ごせたらどんなにいいだろう?
この希望を叶えてくれるのが、レーシック手術です。
しかし手術と名がつくこと、
レーザーを使用するということで、痛いのでは?と不安に思う人も多くなっています。
しかしレーシック手術は、眼科で行われる手術の中では一番簡単な手術だと言われています。

レーシック手術の仕組みは角膜を切りフラップというフタを開け、角膜の屈折率を調整するものです。
一応手術前には、点眼麻酔をしますので術中には痛みを感じることはありません。
ということは点眼麻酔だけで済むのですから、それほど大掛かりな手術ではないことがわかりますね。

これがもしも全身麻酔をしなければいけないような場合は、躊躇してしまいますがレーシックはそうではありません。
クリニックによって違いはありますが、痛みに強い恐怖を感じる人のために痛みケアに力を入れているクリニックもあります。
当サイトのほかにも、レーシック.ccや、 レーシックz.comというサイトでも、
手術の痛みの疑問や、手術後のケアなどについて解説しています。

痛みの感じ方は人によってちがいますので、中には麻酔が切れたあとも全く痛みを感じない人もいます。
しかし痛みに敏感な人の場合は、術後に強い痛みを感じたという人もいます。

ここは個人差なので、
ある程度は自分で分かっていると思うので、痛みに強い恐怖を感じる場合は事前に相談してみましょう。
痛みケアをしているクリニックなら、しっかりと対応してくれます。

しかしレーシック手術は、医師の腕も痛みと関係しています。
角膜にフラップというフタのようなものを作り、
それをめくって角膜の屈折率を調整しますが、プラップをめくるのにも技術が必要です。
高度な技術を持つ医師が行った手術は、全く痛みを感じないと言います。

言い方は悪くなりますが、腕の悪い医師がフラップをめくると痛みを感じることが多くなるようですね。
気になるレーシックのリスクについても参考にご覧ください。
ページのトップへ戻る