レーシック手術後は普通の生活ができるの?

レーシック手術は眼科で行われている手術の中でも、比較的簡単な手術だと言われています。

麻酔も点眼麻酔を使用するので、カラダに大きな負担をかけることもありません。
しかしレーザーで角膜を切るので、多少のダメージがあります。
とは言っても術後は裸眼でもクリアな視界を実感出来ることもあって、
レーシック手術を希望する人も多くなっています。
レーシック手術前の注意点はこちらhttp://www.omgitsfree.com/

角膜を切ってフラップというフタのようなものを作りますが、
角膜上皮を切るので想像するようなダメージではありません。
角膜上皮は代謝が活発なため、そのままでも術後ゆっくりと修復していきます。
しかし修復して安定するまでには、多少の個人差はありますが最低でも1ヶ月はかかります。

手術をした日は、ギュと強く目を閉じたりせず、出来るだけ目に触らず安静にしているように指示されます。
処方される目薬以外は使用しないように注意しましょう。
手術をした翌日には、術後検診をしますので必ず受診しましょう。

一応デリケートな部分の手術をしているので、ある程度の制限があります。
手術当日は、シャワー程度ならOKですが、首から下だけにしておきます。
シャンプーも当日は我慢しなくてはいけないので、手術前に済ませておくといいでしょう。
飛行機での移動、お酒やタバコ、メイク、パソコン、携帯の操作、テレビ、読書なども手術当日はひかえます。

翌日の検診を終えて問題がなければ、お風呂やシャンプーもできるようになりますし、メイクもできます。
ただしアイメイクは1週間我慢しましょう。
車の運転は意外と目を使うので、少なくとも3日間は休みます。

1週間後にはアイメイクや、ジョギングやゴルフなど軽めの運動もできるようになります。
角膜が修復し安定する1ヶ月後には、裸眼で普通に生活できますし、水泳やプールなどもOKです。

うっかり目をこすってしまっても、1ヶ月経過していれば問題ないでしょう。
カラーコンタクトも1ヶ月経過して、安定していれば使うことができます。

レーシック手術後のドライアイもよく聞かれますが、 心配な場合は、一度担当医に相談してみましょう。


このサイトではレーシックで近視が治るかや保険が適用されるか、合併症やリスクについて書かれています。

ページのトップへ戻る