イントラレーシック

イントラレーシックというのは、画期的なレーシック手術をさらに進化させた方法です。

通常のレーシック手術では、一定の角膜の厚さがないと手術を受けることができません。
通常のレーシックでは、マイクロケラトーム(電動メス)でフラップを作ります。
これには医師の高い技量も必要です。

しかしイントラレーシックでは、
完全にコンピューター制御されたレーザーを使用するので、
角膜が薄い強度近視の人にも対応できるようになりました。
コンピューター制御なので、その人の角膜の厚みや、目のカーブや角度などに合わせて対応できるのです。

また通常のレーシック手術では、
ドライアイになったりハローという暗いところで光を見るとぼんやりするという症状が出やすくなってしまいます。
個人差もありますが、ここはレーシック手術のデメリットでもあります。

イントラレーシックでは、このデメリットが少ないため、リスクも軽減されています。
さらにイントラレーシックにも種類があって、
スーパーイントラレーシック、プレミアムイントラレーシックなど呼び方もいろいろあります。

しかしどんなものにもメリットがあれば、デメリットも存在します。
イントラレーシックの場合は、コンピューター制御で行いますが、手術時間が長くなります。
フラップの修復にも時間がかかるため、ここはデメリットになってしまいますね。
すべての人がなるというわけではありませんが、層間角膜炎になってしまう人もいます。

レーシックにもいくつか種類がありますので、自分に合っているレーシック手術を受けることが大切です。
ここは事前のカウンセリングや検査で、
角膜の厚さや目のカーブなど細かく検査するので、この結果に合わせて相談しながら決めることができます。

イントラレーシックは最新の方法ですが、角膜の厚さが十分ある場合は通常のレーシックも可能です。
最終的に重要なのは、どのレーシックを選ぶかも大切ですが、医師の技量になります。

口コミなどで高く評価されているところを探して比較してみるのもいいですね。
基本のレーシックこちらも是非ご覧ください。
ページのトップへ戻る